#007A『オープンリビングの家』

名前 照喜名 恭兵(てるきな きょうへい)
出身 神奈川県
所属・資格 有限会社石垣設計室 二級建築士
略歴 1981年生まれ。東京工業大学附属科学技術高等学校専攻科卒 石垣設計室入社(2006~)
ひとこと 内地育ちの自分なりの視点で沖縄らしい建物を施主様と寄り添いながら、シンプルにつくっていきたい。

[ コンセプト ]
敷地は登野城土地区画整理事業区域内の74㎡、約22坪の狭小敷地である。
東側道路以外は現在更地で今後どのような建物が建つかわからない状況で外部の環境を取り入れるのは難しいと考え、敷地境界に沿って壁を作り外部との関係を絶った。これにより敷地全てを外部からの目線を気にせず使うことが出来る。
リビングと庭は壁・窓で仕切らず屋外のようなリビング、室内のような庭として使えるオープンリビングにした。晴れた日には庭で食事をし、雨の日にはリビングで雨を感じる。台風が来たら雨戸を閉めて家に籠る。
より自然を身近に感じる生活。バリ島などリゾート地のヴィラでみるオープンリビングを住宅に取り入れる事は、南国沖縄なら不可能ではないと思う。狭小地ではあるが、あえて平屋とし、これまでの固定概念を捨てて考えた住宅。
玄関が庭になり、ソファに座ってテレビを見なくてもお気に入りのダイニングテーブルとチェアで食事・団欒をしても良いのではないか?

モデル宅地A

(画像をクリックすると拡大します)